日本代表選手のプレーを間近で見られるチャンス!

三重バイオレットアイリスを応援しよう!

日本代表選手のプレーを間近で見られるチャンス!

Posted by MarksLee at 5:49 日時 2015/11/06

Share:


リオ五輪出場をかけたアツい戦い、ハンドボール女子アジア予選!

先日(10月20日〜25日)、愛知県体育館でリオオリンピック・ハンドボール女子アジア予選が開催され、24日の日本vsカザフスタン、25日の日本vs韓国の試合の取材に、三重バイオレットアイリスの専属フォトグラファーとして行ってきました。

日本、韓国、中国、カザフスタン、ウズベキスタンの5カ国でリーグ戦を行い上位1チームが2016年リオオリンピックの出場権を獲得できるという、アジアで唯一の出場枠をかけた絶対に負けられない戦い。

大会最終日、ともに3戦全勝の日本と韓国による直接対決。日本が勝てばなんと40年ぶりのオリンピック出場が決まる大一番。世界トップレベルの強敵、韓国を相手に必死に戦ったのですが、残念ながら35-21で敗戦。テクニック、スピード、あらゆる面で韓国の強さと迫力を見せつけられた内容でした。

今回のアジア予選は2位で終えたため、オリンピック出場権は逃してしまいましたが、まだ出場の可能性がゼロになったわけではありません。12月に行われる世界選手権、来年3月に行われる世界最終予選の結果次第では出場権を得る可能性が残されていので、次なるチャンスを絶対にモノにして欲しい!

三重バイオレットアイリスに在籍する日本代表選手

ハンドボール女子日本代表、通称「おりひめジャパン」には三重県鈴鹿市を拠点に活動するクラブチーム「三重バイオレットアイリス」から2名の選手が選出されている。原希美選手と池原綾香選手である。先日のリオ五輪アジア予選にも出場し様々な場面で大活躍!原選手24歳、池原選手25歳(2015年11月現在)日本代表期待の若手である。

原選手は学生時代から代表に選出され、恵まれた身体を活かしたプレイ、カットインが持ち味。トータルバランスに優れ攻守に活躍する。一方、池原選手はおりひめジャパンで最も小柄な157cm。シュートに対する意識が高く、緩急をつけたサイドシュートが魅力。

そんな二人は三重バイオレットアイリスに所属し、日頃は地元三重の企業で仕事をしながら毎日チームの練習に励んでいる。チームに所属する他の選手たちも同様に、日中は地元企業で働き、夜は毎日激しいトレーニングを重ねている。日本代表の二人だけではなく、他の選手達も国内トップリーグでプレーする一流の選手たちばかりとあって、ハイレベルなプレーを見ることができる。

ハンドボールにかける青春。熱い眼差しと気迫のプレーを体感してほしい!

三重バイオレットアイリスに所属する選手たちは18歳〜26歳と非常に若い。学生生活を終えた世間一般の若い女子ならば、仕事を終えてカフェや居酒屋で女子会をしているであろう時間に彼女たちはハンドボールに打ち込んでいる。恐らく学生時代もずっとハンドボール漬けの毎日だったに違いない。ハンドボールにかける青春。

青春なんていう安っぽい言葉で表現するのは失礼かもしれないけれど、彼女たちの熱い眼差しはハンドボールだけに向けられている。本人たちに確認したわけではないが、生半可な気持ちではあの激しいトレーニングも身体をぶつけあう格闘技のような試合にも臨めるはずがない。人生をかけてハンドボールに取り組んでいる。彼女たちがそれほどまでに打ち込める何かがそこにはある。

わかりやすいルールと一瞬で引き込まれる迫力!

実のところ私自身、ハンドボール取材&撮影歴は浅い。ハンドボールの「ハ」の字も語れるほどにない。しかしながら何度か試合や練習風景をみさせてもらっただけでその面白さと迫力を体感することができた。

サッカーや野球、バレーボールに比べてあまり馴染みがない競技かも知れないが、実際にLIVEで観るととてもわかり易く、迫力満点で、あっという間にその魅力に引き込まれてしまう。ヨーロッパではサッカーに次ぐ人気で、もちろんプロリーグがありサッカーと同様にチャンピオンズリーグなどの大きな大会も開催されているほどポピュラーな競技だ。

12月の日本選手権、1月からの日本リーグを観に行こう!

「そんなに迫力があって面白いハンドボール、いったいどこで観られるんだよっ?!」

そうでしょうそうでしょう。ここまで読んで下さった方ならきっと実際のゲームを観たくなったことでしょう!そんなあなたは12月22日から愛知県体育館ほかで開催される日本選手権をぜひ観に行きましょう!サッカーファンのあなたも、リーグ戦がない冬はハンドボールで盛り上がりましょう(^^)

来年の1月からは日本リーグも始まります。今年から監督に就任した左腕坊主こと櫛田亮介さんもとても魅力的な監督です。三重からハンドボールの新しい風が吹きそうな予感がしているので、ボクもその風を受けて冬はハンドボール撮影に燃えようと思います♪

詳しいチームの情報や試合日程については、三重バイオレットアイリスの公式サイトをご覧くださいね。

写真提供:三重バイオレットアイリス 撮影:Marks Lee


Get in Touch!

各種お問い合せはこちらから

Mark3 Design

所在地
〒510-0086 三重県四日市市諏訪栄町22-1 グラブス2F

電話:059-328-5414

FAX:059-340-5593